▶︎内田かつのり公式ブログ【ヨガと鍼】

『人体』の事を事細かく理解するには解剖学というツールを使うととても良くわかる。 そこに詳しい『お医者様』には、いつも尊敬の念と憧憬を抱いている。 しかし、それが『人間』の事となると全く別な話である事に気がついた昨今。 一部の『医者』には嫌悪の情と厭悪の眼差しさえ向けたくもなる…そんなご時世。 - 内田かつのり -

小学3~4年の頃だったと思う。 毎月、小遣いを貰えるようになった。恐らく300円だったかと思う。 公園近くにあるソロバン塾に通いながら、その公園でありったけのエネルギーを使う。目の前の駄菓子屋に駆け寄り 、母から貰った小遣いを大事に使い空腹や興味を満たしていた。 野球、鬼ごっこ、缶蹴り、陣取り、その全てが楽しく、何の矛盾も無かった。...

『謝る』とは、 間違えに頭を下げる行為 『感謝』とは、 嬉しさを届けたい行為 そのどちらにも 『謝』という言葉が存在している 『謝』を分解すると、 『言』と『射る』になる 『謝る』にせよ、 『感謝』にせよ、 相手の心を射るように、 言葉を投げなければ意味がない。 言葉を投げるには、 心の中に、 本当の想いがなければ投げられない。 本当の想いとは、...

吉田拓郎の『ぷらいべいと』という酷く私的空間が浮かんでくるようなアルバム。 それをデモテープなどと言うには、本当におこがまし話で、クオリティがデモテープという訳ではなく、作り上げた当時の環境を後から聞くと、どうやら非常に追い詰められていたようだ。体調も芳しくなかったようである。...

昨日から、始まったヘッドショルダーセラピスト養成講座。 丁度、1年前にスタートし、立ち上げ直後のコロナ騒動で紆余曲折、複雑多岐な曲面に陥りながらも、少しずつだが継続だけを心がけて来た。 上手くなるコツは?との問いかけに、その答えはたった一つで、 『徹底的に受けまくる事』これに尽きる。...

あまり聞き慣れてない言葉になるかも知れないが、医療の中でSDMという言葉がある。 インフォームドコンセントさえ、まだまだ一般的でないのに、この言葉を耳にする機会は少ないのではないか。 Sはshared (シェアード) シェアという言葉のイメージである。 Dはdecision (デシジョン) 決定、決断などの意味がある。 Mはmarking(メーキング)...

今週末、さかたのりこ主宰、manawa houseにて、久しぶりのへットショルダーセラピスト養成講座が始まる。 遡ると、もう10年以上前からその前身となるフレーム講座は行なって来たのだが、理想的な形にするまで、ひたすら実験と模索を繰り返すように、煮つめて来たものだ。...

りんちゃん。 沖縄在住のリアルアナ骨ティチャー。 最近ではオンラインといった画面越しではあるが、半年近くお付き合いして頂いている。 沖縄人、全てがそうなのかはわからないが、兎に角、所作に余裕が見受けられるのだ。...

「不随意運動」 自らの意思に関係なく、勝手に体が動いてしまう現象。 厳密には、病気の指針やその定義の際、使われるような言葉だが、ヨガの中ではロングキープ、ホールドが長く続く際に起こる痙攣のような現象を、僕が勝手に命名している。それはアーサナを解けば勿論止まるものだが、頑張り屋さんのヨギーニは、それでも解かない事がある。...

小さな女の子2人。手を繋ぐようにして歩いている。一枚のモノクロ写真。 記憶の彼方を探していたら、彼女のSNSで目にした物であった。  『幸せ』に形があるなら、この瞬間を指し示すのだろう、そこには安らぎのようなものが、醸し出されている。 陽だまり、公園、家族、緑、ワンピース、2人の娘、ゴムで結われた揃いの髪。...

さらに表示する


Yoga Anatomy Lab. × Yoga studio Manawa House

Training Courses

指導者・セラピスト養成講座一覧


アナトミックヨガ