愛の告白さえ不要?

 

 

少し前に過ぎ去ったバレンタイン。

 

それ自体にソワソワする事なんて、とうに失せてしまったが、2月という寂しさを少しでも和らげるなら、又、それが経済を潤すならば、それも有りだろうと、いつしか思うようになった。そんな14日の事。

 

街角でほんの少しのドラマを観た。

 

『俺なんかでよいの?』(聞き耳をたてていた訳でない)

 

『……』(聞こえなかっただけで、恐らく、肯定の頷きがあったのかと思う)

 

『他にあげる人いるんじゃないの?』

(繰り返すが、聞き耳をたてていた訳でない)

 

この2人の仲が、義理的なやりとりなのか、本気なのかは、わからない。ただ生きてる中で、こんな事さえとりあげられたなら、僕らに残るものは、いったいなんなのだろうか?

 

こんな気持ちを、奪うような群衆心理、ただ悲しくて仕方ない。

 

 

 

アナトミックヨガ