家計簿は日記。

 

母が倒れる直前、築の古くなった自宅を色々リフォームをしたのだが、皮肉な事に母の気にいった、大きなサンルームは殆ど使う事なく、4年前、忘れずはずがないこの2月に倒れた。

 

ようやく気持ちの整理がついて、色々と片付けていくと、家計簿の中には、日々のあれこれが詰まっている事に気がついた。

 

ほんの小さな事でも、日々、一生懸命に記憶を繋ぎ留めていく為に書いたのか?

 

それとも、1日の疲れを一杯のお茶と共に、流そうとしていたのか?

 

よくよく眺めていくと、一年毎に、その文字は少しずつ小さくなっている。

 

『克則、仕事で疲れはて、夜中に帰る』

 

そんな事まで、書いてくれていたようだ。

 

見てはいけない物に触れてしまったようだ。

 

アナトミックヨガ