人生の主役。

 

人生の主役は誰もが私

 

誰もがドラマの主役を演じるように自らの人生を生きる。

自己中心とは似て非なる、私の立ち位置というスタンスがある。

 

もしも、それをポジショントークとぶった斬られるのらばそれも仕方ない。

 

 

 

 

母の人生の最後は、もうそこまできている。

 

汗水流し、歯を食いしばるように「こんちきしょう、こんきちしょう」と自転車をこぎながら、家族に捧げるように働き尽くしの人生。

 

 

果たして、母の人生に主役の時があったのか?

 

母の生き方は1度さえも、主役にさえなれない、粗末で陳腐なものだったのか?

 

 

「仕事で疲れ帰る時、その角を曲がって、家までもう少しって時、こんちきょう、こんちきしょうって、言いながらペダルを押すんだよ」

 

何度か聞かされた言葉。

 

その度に、その言葉は何処に向かっているの?

誰に向けているの?

 

と、喉まで出かけたが、聞かなかった。

正確に言うと聞くのが怖かった。

 

 

 

 

 

 

その主役になれなかった母。

近く訪れるであろう、最後の瞬間。

 

せめて手を握っていたい、

微笑みかけてあげたい、

何より有難うと、直に言いたいだけなのだ。

 

きっと、僕と同じような気持ちの方も、この日本には、沢山いるかと思う。

 

僕が自粛に対して、悲しいのはこれなのだ。

 

それが例え、ポジショントークと言われようと、もう少しだけ、母を感じていたい事は果たして罪なのだろうか?

 

「僕の中で貴方はいつも輝いて、眩しかった。家族の主役だよ」

 

アナトミックヨガ