『好きこそ物の上手なれ!』〜時代に必要とされる為に〜

ヘッドショルダー オフブログ。

 

今回は僕のアシスタントさかた のりこを通して、好きの熱量が大きいとどうなるの?

を書いてみたいと思います。

 

まず現在の彼女は、ヨガスタジオマナワハウス オーナーがメインであり、ヨガインストラクター。それに加えて

 

・僕のアシスタント

・アナ骨ヘッドティチャー

・講座の企画 運営 プロデュース

・デザイナー

・編集

・進行管理

 

今回のベッドショルダー養成講座では、特に企画、運営含めたプロデュース

 

かつ、

 

 

テキストの進行管理、デザイン、編集と、一人でこなしてくれました。

 

 

テキストの進行管理というのは、僕の原稿を受け取って、誤字脱字のチェックなどにあたります。期限の兼ね合いがあり、特に今年は、新講座の立ち上げが多々あり、何を優先するのか?までを管理して貰います。

 

デザインというのは、原稿を文字通りパソコン仕様にデータを作成し、イラストを入れたり、レイアウトしたりと、印刷に耐えられる絵面は勿論、それに伴う作業になるのです。

 

これは通常、その道のプロにお願いするのですが、3年前のシニアヨガのテキストあたりから、腕を上げ、その間に僕の幾つもの講座ハンドアウトを刷新する度に、嫌な顔一つせずに、地道にデザイナーの道を切り開いていきました。

 

シニアヨガの時、彼女に懇切丁寧に指導してくれた さえのさんというデザイナーさんが新しいさかたのりこの道を拓いてくれました。

 

勿論、プロの方からみたら、まだまだ甘いところは沢山あるかと思いますが、かなり評判がよく、好きが高じて仕事に結びついた成功パターンかと思うのです。

 

なにより、外注にしていると、締め切りがより早くなり、かつ専門領域になるので、デザイナー自身が身体の知識に明るいって事は、とてもとても有り難い事なのです。

 

 

今回、入稿前は、自身のクラスを兼ねながら、徹夜が続いていて、ある意味僕よりも、講座の達成感が大きいのではないかと思います。

 

 

しかし、これって、誰もが出来る事ではなく、

「解剖学が好き」が高じて、僕のアシスタント

「アナ骨が好き」が高じて、アナ骨ヘッドティチャー

「デザインが好き」が高じて、デザイナー

 

と、そのジャンルへ最大の敬意と熱量を注いだ結果なのです。

 

更に時代はボーダレスになり、何か一つの特化した技は勿論、そこからまた別な物が要求されるようになっています。

 

講座でもお話させて頂きましたが、一昔前のヨガインストラクター像は、もう色褪せてきているかもしれません。今は『令和』。

 

 

時代に必要とされる為に、僕らがやらなくてはならない事を改めて見極めましょう!

アナトミックヨガ