そろそろ本当のことを話す日がきた!「腸腰筋を鍛えましょう」の嘘。

 

 

ダウンドッグからローランジへと向かう中、手と手の間に「静かに」片足を添えるようにと常々リードさせて頂いています。

 

その際、ある一定のリズムを保てずに、勢いを使い、股関節のコントロールが出来ない状態に対して、僕は股関節最大の屈筋、腸腰筋の不足をあげさせて頂いてます。

 

しかし、厳密には、それだけで成し遂げる事が出来る訳ではありません。逆にあのポジションから、腸腰筋の筋力だけで足を運べる方はまずいないはずなのです。

 

手と手の間に足を置く日は永遠に来ないでしょう、とまで言い切ってしまおうか。

 

 

 

 

…では、お前のリードは嘘なのか?

 

と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、物事には順次というものがあります。

 

 

 

6日間のヨガ解剖学をもっても、まだまだ広い身体という名の宇宙。その時点で本質からかけ離れたディテールばかりを伝えてたとしても、却って皆さん混乱してしまう情報もあるのです。

 

もっともっと、皆さんの知識が溢れて、足並みが揃ってくる時期が必ず訪れると、10年近く首を長くして待っておりました。

 

 

 

そろそろ話しても、いいのかな...そんな日がやっと来たんだ!という、僕にとって長すぎた、冬の終わりであり、春の息吹。

みんなのこと、ずっと待ってたよ。

 

 

 

昨年から始まったマナワハウスでのデータベースとは、そういった事に対し、検証しながら、落とし込んでいく時間になります。

 

手と手の間に足を置けない方に対して「腸腰筋を鍛えれたらいいですよ!」というアドバイスは、実は不適切だった!という事実を知ってしまうことになりますが...心の準備はよろしいですか。

 

 

 ■2020年2月15日(土)

vol.39「腸骨筋」

 

■2020年2月16日(日)

vol.23「大円筋」

講座詳細ページ

 

単価          12,000円(税別)

同日クラスとのセット受講 15,000円(税別)

 

アナトミックヨガ


アナトミックヨガ